fbpx

田中家具

二本松伝統家具と和モダン家具

総桐たんす

四季折々に反応する、桐のちから。

総桐たんすは、日本の気候に最も適した収納家具です。

総桐たんすには優れた調湿効果があり、湿度が上がると膨張して気密性を高め湿気が入るのを防ぎます。
乾燥している場合には、収縮して外気を取り入れて内部の湿度を保とうとします。
こうした優れた調湿作用が、大切な着物や衣類を守ってくれます。

また、タンニンなど腐食に強い成分や虫がつきにくい成分を含んでいるので、防腐性&防虫性にも優れています。そのため箪笥に限らず美術品を保管する桐箱としても重宝されてきました。

湿気の多い日本の気候の中では、桐は最良の箪笥の素材であり、箪笥に生まれ変わることで桐のちからは存分に発揮されるのです。
最高品質の桐、会津桐。

田中家具の総桐たんすには会津桐を使用しています。
厳しい寒さを経験して育った会津桐は、緻密できれいな柾目を持ち、国内でも最高品質の桐材と言われます。















総桐たんすの製品を見る

sns & feed