fbpx

田中家具

二本松伝統家具と和モダン家具

伝統の技

受け継がれる、 伝統の技。

明治2年の創業以来、受け継がれてきた家具造りの技術。
二本松伝統家具は、長い歴史の中で培われてきた優れた技術、昔ながらの技法で製作されています。

もちろん、手仕事。 だからこそ出せる質と美しさ。

木取りから組み立ての行程を一人で続けることで、完成度の高い箪笥が生み出されます。













箪笥によって使い分けられる表面仕上げ。

漆塗りや油性漆。総桐たんすにはとの粉仕上げや焼桐時代仕上げ。

箪笥によって、オーダーに応じて、さまざまな表面仕上げを使い分けます。













箪笥を彩る飾り金具

二本松のシンボルである菊と松をあしらった「城家飾り」、田中家具に明治時代から伝わる宝袋と打出の小槌の「宝づくし飾り」や、牡丹や唐草をあしらったものが代表的です。 牡丹はその花容から富貴を象徴するもの、唐草は蔓が途切れることなく無数に伸びる生命力から繁栄を象徴するものとされてきました。

この他にも七宝など吉祥文様を象った飾り金具があります。

350年の伝統を現代に伝える

二本松の家具の歴史は古く、寛永20年(1643年)に入府した二本松藩初代丹羽光重公が、城の大改築を行った際の産物の一つとしてはじまり、現在に至るまで360余年の伝統を誇っています。

丹羽光重公が二本松に入って後の寛永年間(17世紀中頃)に、城の大改築が行われ、大工職人が城館を建築するかたわら、城内の建具・調度品なども手がけていたものが家具造りに活かされていきました。

本格的な家具職人が現れたのは、天保年間(19世紀中頃)で、歴代藩主が奨励したこともあって、城中向けの芸術的価値の高い調度品を作り始め、現在の二本松伝統家具の基礎となりました。

欅や会津桐を使い、一品一品丹念に仕上げられる二本松の伝統家具は「福島県伝統的工芸品」に指定されています。

 創業明治2年


田中家具のはじまり

田中家具は明治2年(1869年)、家具の街として知られる城下町、福島県二本松市に「田中指物店」として創業しました。

明治時代の広告では、伝統的な箪笥以外にも当時から寝台(ベッド)、イス、テーブルなどの洋家具類も販売していたことが分かります。「竃爐」とあるのはストーブ、「竃燵」はコタツのようなものだったと考えられます。
明治44年の新聞広告には「美術家具製造販売」の文字が見られるように、装飾性の高い家具を製作していたことがうかがわれます。

また、現在ではあまり見られなくなった箪笥の由来を記した裏書も残されています。
『明治41年1月19日、(旧12月16日?)、_有 伊藤ハツヨ 年18才、当村明石内 実父 伊藤祐治、買請代金9円也、杢 二本松新道 田中寅治之作』
一部不明な部分もありますが、おそらく嫁入り道具として、お父さんから娘さんに贈られた箪笥を、代金9円で田中家具初代の寅治が作ったようです。


田中家具 昭和初期

140年愛され続けた伝統の家具

田中家具は明治2年に初代寅治が創業して以来、二代荘三、三代初二を経て現在に至っています。
その長い歴史の中で培われてきた優れた技術・デザイン・品質を誇る二本松の伝統家具造りは、何人もの職人達によって140年以上にわたって受け継がれてきました。

【昭和初期に撮影された写真】
前列中央に初代・寅治、その左に二代・荘三、抱かれている子供が三代・初二。
その家族と多くの職人たちが写っています。


 伝統の箪笥を、和モダンに


100巾胴厚総桐チェスト 三の二 漆和紙肌塗

モダンさの中に息づく、和の伝統

近年では従来の二本松伝統家具に加え、デザイン&サイズ&カラーなどを見直し、現代のライフスタイルに合わせて、マンションの小さなお部屋にも置けるコンパクトなサイズや、リビングルームなどの洋室にも映える和洋折衷なデザインの和家具も製作しています。

職人の手仕事による伝統的な和家具の良さに、現代感覚を取り入れた和モダンな家具は、高い機能性と&インテリア性をあわせ持つ家具として好評を得ています。


sns & feed