組子のテーブル。

ブラックウォルナット&江戸組子 ダイニングテーブル

ブラックウォルナットの天板に江戸組子を組み合わせました。
和室の建具に使われていた組子ですが、現在では色々な製品にアレンジされています。

これは「角麻の葉」と呼ばれる模様で、麻が丈夫で成長が早くまっすぐ伸びていくことから、子供の健やかな成長を願って着物などにもよく使われてきたそうです。
組子は江戸組子建松さんの作。

濃い色合いのブラックウォルナットによく映えます。


この商品に関するお問い合わせ&オーダーのご相談

    送信する前にもう一度ご入力内容のご確認をお願い致します。
    ※確認画面は表示されません。

    ●お電話でのお問い合わせはこちらから
    tel. 0243-23-0219
    受付時間 10:00〜18:00

    Favorite